神戸電鉄活性化には様々な施策が必要ですが、その一つに私が注目したのは昭和4年製造でいまだに現存する唯一の車両「デ101」です。


522313_433440663378342_698383190_n

156738_433439913378417_1672423301_n

248919_433440073378401_1450418325_n

神戸電鉄さんにご相談させていただき、現在のデ101を見せていただきました。

当初保存計画があったようで、10台製造されたデ100シリーズで残されたのは初号機「デ101」だけでした。

現在も鈴蘭台車庫で入換車両として動いているのです。しかし、本線での営業運転は現状では不可能です。

なぜなら定期的な車検にあたる検査をうけておらず、客車として使用するには、現在の基準に合わないところも多々あり、これらを改装するというと、新造車両一台分のコストがかかる可能性があります。

たとえば、車内は木製で防火基準を満たしませんし、バネも板バネで現在の仕様と全く違い、パーツそのもにがもうありません。

957_433440013378407_1778394666_n
532244_433439880045087_595657166_n

224141_433440786711663_1685998749_n

しかし、神戸電鉄の歴史を今に残す唯一の車両をこのままにしてよいのか、なんとか走らせることはできないのか。夢のあるプロジェクトを私は勝手に「デ101プロジェクト」と名付けました。

100点の企画は、この車両を志染から粟生まで走らせ、中をヨーロッパの豪華列車のビュッフェ形式に改造する。

普通乗車もできるし、イベント列車にもできる。その内装などの企画を三木の金物関係のみなさまに相談して、木工なども地場産業で行う。いっそ車両の改造も、地元の鉄工所さんのノウハウで行う。

でもそのためには、予算がかかります。神戸電鉄さんに負担をかけず、

たとえば「NPOデ101」を立ち上げて資金も自前で行うとか、協賛企業を募るとか。神戸市さんのアーバンリゾートフェア神戸’93でも、企業協賛で大きなイベントをたくさんやりました。

もちろんここまでできなくても、どこか短い路線で走らせるとか、いろいろ発想がわきます。

神戸電鉄を見つめなおす機会にもなるでしょう。全国の鉄道ファンがつめかけるような、レトロで豪華な「デ101」が誕生することを夢にみつつ、高橋昭一は今後も企画を推進して参ります。

21733_433440636711678_102559500_n

わくわくする企画へのご提案をお待ちします